頬のたるみ 食事

頬のたるみと食事が、深いかかわりがあることをご存知でしょうか?

食事に気をつけることによって、頬のたるみを予防できるだけでなく、美肌効果も期待できます。

例えば、甘いものや脂っこいものを食べすぎた場合、ニキビや吹き出物が出ることがありますよね。
また、食物繊維が不足することよって便秘になった時にも、ニキビなどができて、肌状態を悪くしてしまいませんか?

バランスの良い食事を心がけることによって、このような肌トラブルを未然に防ぐことができますし、美肌効果も期待できます。
また、肌状態が良いと、新陳代謝もスムーズになり、頬のたるみ予防にも効果があるのです。

では、どのような食事が、頬のたるみ予防になるのでしょうか。

食事を見直して頬のたるみを予防

頬のたるみを予防する効果的な食事方法は、「良く噛むこと」です。

「いつも噛んで食べてる」「簡単なんだけど・・・」と思った方も多いと思いますが、実はこれ、意外とできていないんです。
ご自分の食べ方を思い浮かべて下さい。

数回噛んだ後飲み込んでいませんか?

柔らかい食べ物ばかり食べていませんか?

頬のたるみは、表情筋が衰えることも原因の一つであり、良く噛むことによって、この表情筋を食事のたびに鍛えることができるので、予防に役立ちます。

また、最近の食生活は、噛み応えのある食べ物よりも、あまり噛まずに食べられる柔らかいものが多くなってきているため、噛む回数が必然的に少なくなっているのです。
噛み応えのある煮干しや、ゴボウなどの根菜類などを意識して食事に取り入れることによって、噛む回数を自然と増やすことができますので、やってみて下さい。


食事のときに、意識して噛む回数を増やすことによって、頬のたるみを予防することができるのですから、やらない手はありませんよね?
今日からすぐにやってみてください。
バランスの良い食事を心掛けたり、よく噛んで食べることに気を付けていると、頬のたるみを予防できて、美肌効果にも期待できます。詳しくご紹介いたします。