頬のたるみ 生活習慣

質の良い睡眠で頬のたるみを予防

頬のたるみを予防するためには、正しい生活習慣を送る必要があります。

「頬のたるみと生活習慣って関係あるの?」と思う方もいると思いますが、頬のたるみと生活習慣は、非常に密接な関わりがあります。

ここでは、頬のたるみと生活習慣の関係について分かりやすくご紹介しますので、頬のたるみ予防にお役立てください。
頬のたるみを予防するために、最も大切なのが「質の良い睡眠」です。

頬のたるみを予防する方法はいろいろあるのですが、基本は、「睡眠」です。
しっかり寝ることが、頬のたるみ予防の第一歩なのです。

寝不足が続いたり、就寝時間が深夜になったときなどに、「朝起きたら肌がくすんで見えた」「化粧のノリが悪い」と感じたことがありませんか?
十分な睡眠がとれていないと、肌は健康な状態を保つことができません。

肌のターンオーバーは、午後10時から午前2時の間に行われ、この時間に最も活発に皮膚の再生が行われ、新しい皮膚へと生まれ変わります。
つまり、この時間にしっかり寝ることができれば、頬のたるみを効果的に予防できるというわけです。

しかし、午後10時には、まだ家事が残っていたり、仕事で遅くなってその時間には寝ることができない、という方も多いと思います。
そんな方は、できるだけ、日付が変わらないうちに寝るように心がけましょう。

また、この時間に寝ることができていても、夜中に何度も目が覚めたり、極端に睡眠時間が短いと、肌のターンオーバーは正常に行うことができません。
十分な睡眠時間と熟睡することも大切なのです。

しかし、中には、寝つきが悪い方や、眠りが浅い方もいると思います。
そんな方は、アロマなどで心身ともにリラックスした状態を作ったり、手足の末梢神経を温めることによって、寝つきが良くなりますので、やってみてください。


頬のたるみを予防するためには、「質の良い睡眠」の他にも、ストレスをためないこと、暴飲暴食を避けることなども大切です。

規則正しい生活習慣は、頬のたるみだけでなく、健康や美容に非常に効果がありますので、見直してみて下さい。
頬のたるみは生活習慣と関係があります。その中で最も大切なのは「質の良い睡眠」です。寝不足が続いたり、十分な睡眠がとれていないと、肌の状態は悪くなります。その結果、頬もたるんできてしまいます。詳しくご紹介いたします。