頬のたるみ プチ整形

頬のたるみ解消法 プチ整形について

頬のたるみ解消法の一つ、プチ整形をご紹介します。


頬のたるみの原因の一つに、加齢があります。

頬のたるみは、加齢による老化現象の一つであり、ある程度は致し方のないことです。
加齢によって、肌のコラーゲンが減少し、肌のハリや弾力が失われてしまい、頬のたるみとなって表れるのです。

ある程度の頬のたるみは、マッサージやストレッチ、スキンケアなどで解消することができますが、50代や60代などになってくると、簡単には解消することができなくなってきます。
そこで、プチ整形によって、コラーゲンを補ってあげようというわけです。

プチ整形と言っても、顔にメスを入れるわけではなく、コラーゲンを注射によって注入するのです。
コラーゲン注射を行うことによって、顔のたるみと他の皮膚との境目を目立たなくすることができます。

施術は、麻酔をするので痛みはありませんし、コラーゲンは肌になじみやすいので、簡単に効果を実感することができます。
翌日からメイクをすることもできますし、1年から1年半ほどその効果が持続します。
効果をずっと継続したい方は、1年半ごとにコラーゲン注射をしたほうが良いと思います。

注入するコラーゲンは、牛コラーゲン、豚コラーゲン、人コラーゲンで、体質によってはアレルギー反応を起こす方もいるので、事前にアレルギーチェックを行った後、施術になります。
施術時間は、15分程度なので、体の負担もかかりません。


そしても一つ、ヒアルロン酸注射も頬のたるみ解消にか効果があります。

コラーゲン注射とほとんど同じですが、麻酔はしません。
ヒアルロン酸注射は、ほとんど痛みがないので、麻酔なしでも大丈夫です。
ヒアルロン酸注射の効果の持続期間は、9カ月程度ですので、効果を持続させたい方は、再度施術を受ける必要があります。
頬のたるみ解消法の一つプチ整形は、顔にメスを入れるわけではなく、コラーゲンやヒアルロン酸などを、注射によって注入する施術です。どのような施術を行うのかご紹介いたします。