頬のたるみ ストレッチ

表情筋を鍛える顔のストレッチ法

頬のたるみの原因の一つに、顔の筋肉の衰えがあります。

顔の筋肉は、体の筋肉と同じように、年齢を重ねるごとに衰え、下にさがってきたり、ハリや弾力を失います。
また、顔の筋肉の場合は、無表情でいる時間が長い方や、ほとんど笑わない方、無口な方など、顔の筋肉である表情筋を使わないと衰えてきます。
つまり、顔の筋肉を鍛えれば、頬のたるみを解消し、予防にもつながるというわけです。

表情筋を鍛えると、肌の新陳代謝もアップしますし、ハリやツヤも取り戻せます。

ここでは、

 

をご紹介します。


顔のストレッチ法


1.口をすぼませた状態を5秒間保つ(思い切り力を入れて行う)

風船を膨らませるように、頬を思いっきり膨らませ、5秒間保つ

ゆっくりと元に戻す

5〜10回繰り返す


2.頭をゆっくり後ろに倒す

口を大きく開けて舌を出し、5秒ほどその状態を保つ

ゆっくり頭を起こす

1日に10回くらい行うと効果的


頬のたるみを解消するストレッチ法には、口の周りを動かし、表情筋を鍛える方法と、頬を持ち上げている肩甲骨の近くにある僧帽金を鍛える方法があります。
つまり、頬がたるんでいるからと言って、表情筋だけを鍛えるのではなく、上半身も鍛えることによって、より効果的に解消できるというわけです。

全て1枚の皮膚でつながっていることを意識して、頬のたるみをケアしていくとよいと思います。
顔の筋肉は、体の筋肉と同じように、年齢を重ねるごとに衰え、下にさがってきます。顔の筋肉を鍛えれば、頬のたるみを解消し、予防にもつながります。表情筋を鍛える顔のストレッチ法についてご紹介いたします。