頬のたるみ 原因

頬のたるみの原因は大きく分けて3つ

頬のたるみの原因をご紹介します。

頬のたるみでお悩みの方や、頬のたるみを予防したい方は、参考にしていただき、解消・予防にお役立てください。


頬のたるみの原因には、大きく分けて3つあります。

まず1つ目は、加齢や紫外線によるものです。

加齢や紫外線は、皮膚を乾燥させ、皮膚の弾力やハリをなくしてしまい、その結果、頬のたるみとなってしまいます。

また、加齢によって、皮膚の弾力やハリのもとであるコラーゲンが減少し、肌をしっかり支える力が衰えてしまい、頬のたるみを引き起こしてしまいます。


2つ目は、筋肉の衰えです。

表情筋が衰えることによって、皮膚全体が下がり、頬のたるみの原因になってしまいます。
表情筋の衰えは、加齢によって引き起こさることもありますが、物をよく噛まずに食べている方や、無表情でいる時間が長い方にも起こり得ます。
つまり、顔の筋肉をあまり使わない方や、笑うことが少ない方などは、いつの間にか表情筋が衰えてしまい、頬のたるみを引き起こすことがあります。


3つ目は、余分な水分や老廃物です。

頬を含む顔全体に、水分(血液)や老廃物が溜まると、顔のむくみやたるみの原因になってしまいます。
顔に水分や老廃物がたまる原因は、血行不良や不規則な生活によるものが多いですので、改善することによって、頬たるみを解消・予防することができます。


頬のたるみは、時間が経つと改善しにくくなりますので、できるだけできないように予防をし、できてしまったら早めのケアを心がけて下さい。
頬のたるみの原因には、加齢や紫外線によるもの、筋肉の衰え、余分な水分や老廃物と、大きく分けて3つあります。詳しくご紹介いたします。