頬のたるみ 年齢

年齢でみる頬のたるみ

まだまだ若いと思っていても、肌のケアを怠っていては、頬のたるみが目立ちはじめます。

頬のたるみは、年配の方に良く見られる肌トラブルですが、若い年代の方にも見られることがあります。
肌は正直ですから、しっかりケアをしている方とそうでない方では、頬のたるみの出方が異なります。

ここでは、頬のたるみを解消・予防するために、頬のたるみが起こりやすい年齢についてご紹介しますので、ご自分の年齢と照らし合わせてご覧いただき、頬のたるみ対策に活用してください。


頬のたるみの原因は、大きく分けて3つあり、「加齢・紫外線」「筋肉の衰え」「水分や老廃物の蓄積」です。

若いうちは、肌の新陳代謝も活発で、加齢や紫外線の影響を受けにくいですし、受けたとしても回復が早いので、頬のたるみはおきにくいでしょう。
また、肌はハリや弾力がありますので、筋肉が衰えてはいませんし、基礎代謝が高いので、水分や老廃物の蓄積もおこりにくいでしょう。

しかし、30代を過ぎると、肌は徐々に外部の刺激を受けやすくなります。
肌の新陳代謝力も低下していき、保水力も衰えはじめます。
頬のたるみが起こりやすいのは、まさにこの時期なのです。

頬のたるみは、30代後半から目立ち始める方が非常に多く、ある日突然頬のたるみに気づいてショックを受ける方もいるのではないでしょうか。

しかし、頬のたるみは、ある突然できるものではなく、20代後半から30代にかけて徐々に始まっているのです。
つまりこの時期に念入りに頬のたるみケアをすることが大切なのです。
出来るだけ早い段階で、ケアをしていると、40代になっても30代のような若々しい肌を保つことができますし、50代になっても、実年齢よりも10歳以上若く見られることもあるのです。


頬のたるみは、30代を境に徐々に目立ちはじめますので、スキンケアや紫外線対策、マッサージなどで、ケアをしていきましょう。
頬のたるみを解消・予防するために、頬のたるみが起こりやすい年齢について知っていただきたいと思います。年代別に詳しくご紹介します。